HOME > Detail View

Detail View

AI・ロボットと刑法

AI・ロボットと刑法

Material type
단행본
Personal Author
石井徹哉, 編
Title Statement
AI・ロボットと刑法 / 石井徹哉 編著
Publication, Distribution, etc
東京 :   成文堂,   2022  
Physical Medium
vi, 295 p. ; 22 cm
ISBN
9784792353834
000 00000nam c2200205 c 4500
001 000046142242
005 20230222151831
007 ta
008 230222s2022 ja 000a kor
020 ▼a 9784792353834
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
082 0 4 ▼a 345/.0268 ▼2 23
085 ▼a 345.0268 ▼2 DDCK
090 ▼a 345.0268 ▼b 2022z1
245 0 0 ▼a AI・ロボットと刑法 / ▼d 石井徹哉 編著
246 3 ▼a AI robotto to keihō
246 3 ▼a Ēai robotto to keihō
260 ▼a 東京 : ▼b 成文堂, ▼c 2022
300 ▼a vi, 295 p. ; ▼c 22 cm
700 1 ▼a 石井徹哉, ▼e
900 1 0 ▼a Ishii, Tetsuya, ▼e
945 ▼a ITMT

Holdings Information

No. Location Call Number Accession No. Availability Due Date Make a Reservation Service
No. 1 Location Main Library/Law Library(Books/B1)/ Call Number 345.0268 2022z1 Accession No. 111876896 Availability Available Due Date Make a Reservation Service B M

Contents information

Table of Contents

第1部 AI・ロボットに関する刑法上の課題(AIと刑法:本書の視座;AIと刑法:日本の議論状況)
第2部 AIの行為主体性に関する問題(「AIの責任」と決定論問題;ロボット刑法における共犯理論?;医療支援AIの判断により惹起された結果に対する医師の過失責任について—とくに特別知識・能力をめぐって;AIによる画像診断と医師法17条)
第3部 自動運転自動車に関する刑法上の課題(自動運転自動車におけるジレンマ問題;自動運転車におけるディレンマ状況について;自動運転車に対する刑事製造物責任—レベル3の自動運転車の問題を中心に;ドイツにおける自動運転自動車をめぐる道路交通法の改正状況—ウィーン条約との関係で;自動運転に関するドイツ倫理規制—ドイツ改正道路交通法と倫理;自動運転車における「運転者」の責任について;コネクティッドカーシステムに対するサイバー攻撃と犯罪)

New Arrivals Books in Related Fields