HOME > Detail View

Detail View

刑事法学の系譜 : 内田文昭先生米寿記念

刑事法学の系譜 : 内田文昭先生米寿記念 (Loan 1 times)

Material type
단행본
Personal Author
浅田和茂, 1946-, 編 井田良, 1956-, 編 白取祐司, 1952-, 編 長井圓, 編 丸山雅夫, 編 吉田敏雄, 編
Title Statement
刑事法学の系譜 : 内田文昭先生米寿記念 / 浅田和茂 [外]編集
Publication, Distribution, etc
東京 :   信山社,   2022  
Physical Medium
xxvi, 880 p. ; 22 cm
ISBN
9784797281255
General Note
その他の編集者: 井田良, 白取祐司, 長井圓, 丸山雅夫, 吉田敏雄  
内田文昭先生略歴收錄  
주제명(개인명)
Uchida, Fumiaki,   1932-  
内田文昭,   1932-  
000 00000cam c2200205 c 4500
001 000046126741
005 20220906085506
007 ta
008 220905s2022 ja b 010c jpn
020 ▼a 9784797281255
035 ▼a (KERIS)BIB000016163703
040 ▼a 211062 ▼c 211062 ▼d 211009
082 0 4 ▼a 345.52 ▼2 23
085 ▼a 345.52 ▼2 DDCK
090 ▼a 345.52 ▼b 2022
245 0 0 ▼a 刑事法学の系譜 : ▼b 内田文昭先生米寿記念 / ▼d 浅田和茂 [外]編集
246 3 ▼a Keiji hōgaku no keifu : ▼b Uchida Fumiaki sensei beiju kinen
260 ▼a 東京 : ▼b 信山社, ▼c 2022
300 ▼a xxvi, 880 p. ; ▼c 22 cm
500 ▼a その他の編集者: 井田良, 白取祐司, 長井圓, 丸山雅夫, 吉田敏雄
500 ▼a 内田文昭先生略歴收錄
600 1 0 ▼a Uchida, Fumiaki, ▼d 1932-
600 1 4 ▼a 内田文昭, ▼d 1932-
700 1 ▼a 浅田和茂, ▼d 1946-, ▼e
700 1 ▼a 井田良, ▼d 1956-, ▼e▼0 AUTH(211009)12501
700 1 ▼a 白取祐司, ▼d 1952-, ▼e
700 1 ▼a 長井圓, ▼e
700 1 ▼a 丸山雅夫, ▼e
700 1 ▼a 吉田敏雄, ▼e
900 1 0 ▼a Asada, Kazushige, ▼e
900 1 0 ▼a Ida, Makoto, ▼e
900 1 0 ▼a Shiratori, Yūji, ▼e
900 1 0 ▼a Nagai, Madoka, ▼e
900 1 0 ▼a Maruyama, Masao, ▼e
900 1 0 ▼a Yoshida, Toshio, ▼e
945 ▼a ITMT

Holdings Information

No. Location Call Number Accession No. Availability Due Date Make a Reservation Service
No. 1 Location Main Library/Law Library(Books/B1)/ Call Number 345.52 2022 Accession No. 111868842 Availability In loan Due Date 2022-12-21 Make a Reservation Available for Reserve R Service M

Contents information

Table of Contents

被害感情と責任非難
責任主義の系譜
今日における刑罰の体系と刑罰論についての覚え書き
因果的決定論の系譜—原因なき意志に未来はあるか
規範論の系譜
構成要件論の系譜
違法論の系譜
不作為犯論の系譜—「作為と不作為の区別」を中心に
法人処罰論の系譜—戦後から今日までの動向を中心に
客観的帰属論の系譜
わが国の承諾論とゲールズの二元論—なぜわが国においてゲールズの二元論は受け入れられなかったのか
「故意は主観的違法要素か」という問いについて—主観的違法要素論の系譜学的考察
「原因において自由な行為」をめぐる日本の刑法学説の50年—構成要件モデル・責任モデル・例外モデルの「三国志」
故意論の系譜
過失論の系譜
過失不作為犯の系譜
責任能力論の系譜—わが国における限定責任能力概念
未遂犯論の系譜
不能犯論の系譜—明治期における不能犯論の展開
わが国における正犯論とその現代的課題
共犯(教唆犯と幇助犯)の処罰根拠
共同正犯論の系譜

New Arrivals Books in Related Fields

신양균 (2022)
한국. 대법원. 양형위원회 (2022)
허일태 (2022)
대통령비서실. 민정수석비서관실 (2022)
대통령비서실. 민정수석비서관실 (2022)
한국. 대법원. 양형위원회 (2021)