HOME > 상세정보

상세정보

刑事法学の系譜 : 内田文昭先生米寿記念

刑事法学の系譜 : 内田文昭先生米寿記念 (1회 대출)

자료유형
단행본
개인저자
浅田和茂, 1946-, 編 井田良, 1956-, 編 白取祐司, 1952-, 編 長井圓, 編 丸山雅夫, 編 吉田敏雄, 編
서명 / 저자사항
刑事法学の系譜 : 内田文昭先生米寿記念 / 浅田和茂 [外]編集
발행사항
東京 :   信山社,   2022  
형태사항
xxvi, 880 p. ; 22 cm
ISBN
9784797281255
일반주기
その他の編集者: 井田良, 白取祐司, 長井圓, 丸山雅夫, 吉田敏雄  
内田文昭先生略歴收錄  
주제명(개인명)
Uchida, Fumiaki,   1932-  
内田文昭,   1932-  
000 00000cam c2200205 c 4500
001 000046126741
005 20220906085506
007 ta
008 220905s2022 ja b 010c jpn
020 ▼a 9784797281255
035 ▼a (KERIS)BIB000016163703
040 ▼a 211062 ▼c 211062 ▼d 211009
082 0 4 ▼a 345.52 ▼2 23
085 ▼a 345.52 ▼2 DDCK
090 ▼a 345.52 ▼b 2022
245 0 0 ▼a 刑事法学の系譜 : ▼b 内田文昭先生米寿記念 / ▼d 浅田和茂 [外]編集
246 3 ▼a Keiji hōgaku no keifu : ▼b Uchida Fumiaki sensei beiju kinen
260 ▼a 東京 : ▼b 信山社, ▼c 2022
300 ▼a xxvi, 880 p. ; ▼c 22 cm
500 ▼a その他の編集者: 井田良, 白取祐司, 長井圓, 丸山雅夫, 吉田敏雄
500 ▼a 内田文昭先生略歴收錄
600 1 0 ▼a Uchida, Fumiaki, ▼d 1932-
600 1 4 ▼a 内田文昭, ▼d 1932-
700 1 ▼a 浅田和茂, ▼d 1946-, ▼e
700 1 ▼a 井田良, ▼d 1956-, ▼e▼0 AUTH(211009)12501
700 1 ▼a 白取祐司, ▼d 1952-, ▼e
700 1 ▼a 長井圓, ▼e
700 1 ▼a 丸山雅夫, ▼e
700 1 ▼a 吉田敏雄, ▼e
900 1 0 ▼a Asada, Kazushige, ▼e
900 1 0 ▼a Ida, Makoto, ▼e
900 1 0 ▼a Shiratori, Yūji, ▼e
900 1 0 ▼a Nagai, Madoka, ▼e
900 1 0 ▼a Maruyama, Masao, ▼e
900 1 0 ▼a Yoshida, Toshio, ▼e
945 ▼a ITMT

소장정보

No. 소장처 청구기호 등록번호 도서상태 반납예정일 예약 서비스
No. 1 소장처 중앙도서관/법학도서실(법학도서관 지하1층)/ 청구기호 345.52 2022 등록번호 111868842 도서상태 대출중 반납예정일 2022-12-21 예약 예약가능 R 서비스 M

컨텐츠정보

목차

被害感情と責任非難
責任主義の系譜
今日における刑罰の体系と刑罰論についての覚え書き
因果的決定論の系譜—原因なき意志に未来はあるか
規範論の系譜
構成要件論の系譜
違法論の系譜
不作為犯論の系譜—「作為と不作為の区別」を中心に
法人処罰論の系譜—戦後から今日までの動向を中心に
客観的帰属論の系譜
わが国の承諾論とゲールズの二元論—なぜわが国においてゲールズの二元論は受け入れられなかったのか
「故意は主観的違法要素か」という問いについて—主観的違法要素論の系譜学的考察
「原因において自由な行為」をめぐる日本の刑法学説の50年—構成要件モデル・責任モデル・例外モデルの「三国志」
故意論の系譜
過失論の系譜
過失不作為犯の系譜
責任能力論の系譜—わが国における限定責任能力概念
未遂犯論の系譜
不能犯論の系譜—明治期における不能犯論の展開
わが国における正犯論とその現代的課題
共犯(教唆犯と幇助犯)の処罰根拠
共同正犯論の系譜

관련분야 신착자료

신양균 (2022)
한국. 대법원. 양형위원회 (2022)
허일태 (2022)
대통령비서실. 민정수석비서관실 (2022)
대통령비서실. 민정수석비서관실 (2022)
한국. 대법원. 양형위원회 (2021)