HOME > 상세정보

상세정보

ポストメディア・セオリーズ : メディア研究の新展開

ポストメディア・セオリーズ : メディア研究の新展開

자료유형
단행본
개인저자
伊藤守, 1954-, 編著
서명 / 저자사항
ポストメディア・セオリーズ = Post‐media theories : メディア研究の新展開 / 伊藤守 編著
발행사항
京都 :   ミネルヴァ書房,   2021  
형태사항
viii, 378, 10 p. ; 21 cm
ISBN
9784623091126
서지주기
參考文獻と索引收錄
000 00000nam c2200205 c 4500
001 000046119070
005 20220622133141
007 ta
008 220621s2021 ja b 001a jpn
020 ▼a 9784623091126
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
082 0 4 ▼a 302.2301 ▼2 23
085 ▼a 302.2301 ▼2 DDCK
090 ▼a 302.2301 ▼b 2021
245 0 0 ▼a ポストメディア・セオリーズ = ▼x Post‐media theories : ▼b メディア研究の新展開 / ▼d 伊藤守 編著
246 3 ▼a Posuto media seorīzu : ▼b media kenkyū no shintenkai
260 ▼a 京都 : ▼b ミネルヴァ書房, ▼c 2021
300 ▼a viii, 378, 10 p. ; ▼c 21 cm
504 ▼a 參考文獻と索引收錄
700 1 ▼a 伊藤守, ▼d 1954-, ▼e 編著 ▼0 AUTH(211009)83016
900 1 0 ▼a Itō, Mamoru, ▼e 編著
945 ▼a ITMT

소장정보

No. 소장처 청구기호 등록번호 도서상태 반납예정일 예약 서비스
No. 1 소장처 중앙도서관/제2자료실(3층)/ 청구기호 302.2301 2021 등록번호 111865860 도서상태 대출가능 반납예정일 예약 서비스 B M

컨텐츠정보

목차

ポストメディア時代のメディア研究とは
第1部 マシンとしてのメディア(スクリーン・スタディーズという方法—遍在するスクリーンと「見ること」の変容;アクターネットワーク理論—アフター・テレビジョンを組み直す;メディア哲学とメディア実践—フリードリヒ・キットラーのコンピュータ論;技術への問い—メディア・リテラシー論の刷新にむけて)
第2部 フォルム/フォーマットとしてのメディア(フォーマット理論—着メロと着うたの差異にみるMIDI規格の作用;ゲーム研究—ゲームが「メディア」であるとはいかなる意味か;モバイル・メディア研究—方法としての触覚;映像理論—デジタル時代のインデックス性)
第3部 欲望としてのメディア(デジタル・ファンダム研究の射程—非物質的労働と時間感覚にみる「フルタイム・ファンダム」;デジタルメディア時代の有名性—“アニメーション”としてのバーチャルYouTuber;イメージの生態学—プラットフォームに生息するイメージ)
第4部 メディアのアルケオロジー(メディア考古学—ポストメディア理論のための三つのプログラム;プリントメディアの技術史—DTPとドキュメントの生産をめぐって;プラットフォームと選択—レンタルビデオ店の歴史社会学;傍流のメディア思想—欲望機械の離接的総合というクッション)

관련분야 신착자료

Barnett, Ashley (2021)
Herrick, James A (2022)