HOME > Detail View

Detail View

「明治日本と革命中國」の思想史 : 近代東アジアにおける「知」とナショナリズムの相互還流

「明治日本と革命中國」の思想史 : 近代東アジアにおける「知」とナショナリズムの相互還流 (Loan 1 times)

Material type
단행본
Personal Author
楊際開, 1957-, 編著 伊東貴之, 1962-, 編著
Title Statement
「明治日本と革命中國」の思想史 : 近代東アジアにおける「知」とナショナリズムの相互還流 / 楊際開, 伊東貴之 編著
Publication, Distribution, etc
京都 :   ミネルヴァ書房,   2021  
Physical Medium
426, 6 p. ; 22 cm
ISBN
9784623091799
General Note
国際日本文化研究センター (日文研) において2018年度に実施された共同研究「中国近代革命の思想的起源--日本からの思想的影響を中心に」 (研究代表者: 楊際開) の報告論集  
Bibliography, Etc. Note
參考文獻と索引收錄
Subject Added Entry-Geographic Name
Japan --Politics and government --19th century --Philosophy
000 00000cam c2200205 c 4500
001 000046113669
005 20220506135527
007 ta
008 220422s2021 ja b 001c jpn
020 ▼a 9784623091799 ▼g C3022
035 ▼a (KERIS)BIB000016147192
040 ▼a 211040 ▼c 211040 ▼d 211009
082 0 4 ▼a 320.95 ▼2 23
085 ▼a 320.95 ▼2 DDCK
090 ▼a 320.95 ▼b 2021
245 0 0 ▼a 「明治日本と革命中國」の思想史 : ▼b 近代東アジアにおける「知」とナショナリズムの相互還流 / ▼d 楊際開, ▼e 伊東貴之 編著
260 ▼a 京都 : ▼b ミネルヴァ書房, ▼c 2021
300 ▼a 426, 6 p. ; ▼c 22 cm
500 ▼a 国際日本文化研究センター (日文研) において2018年度に実施された共同研究「中国近代革命の思想的起源--日本からの思想的影響を中心に」 (研究代表者: 楊際開) の報告論集
504 ▼a 參考文獻と索引收錄
651 0 ▼a Japan ▼x Politics and government ▼y 19th century ▼x Philosophy
651 0 ▼a China ▼x Politics and government ▼y 19th century ▼x Philosophy
651 0 ▼a China ▼x Politics and government ▼y 20th century ▼x Philosophy
700 1 ▼a 楊際開, ▼d 1957-, ▼e 編著
700 1 ▼a 伊東貴之, ▼d 1962-, ▼e 編著
900 1 0 ▼a Yang, Jikai, ▼e 編著
900 1 0 ▼a Itō, Takayuki, ▼e 編著
945 ▼a ITMT

Holdings Information

No. Location Call Number Accession No. Availability Due Date Make a Reservation Service
No. 1 Location Main Library/Monographs(3F)/ Call Number 320.95 2021 Accession No. 111863892 Availability In loan Due Date 2022-07-18 Make a Reservation Available for Reserve R Service M

Contents information

Table of Contents

第1部 前史としての徳川日本(幕末・維新期の「尊王思想」—その歴史的起源;なぜ日本は「帝国」なのか—幕末日本を出発点に;頼山陽の「利」の観念—道徳の功利的形成;斎藤拙堂による清朝経世思想の受容—吉田松陰の政治思想の源流を探る;久坂玄瑞と陽明学—「鍛錬心術脱離生死」のため学ぶ;加藤弘之の「鄰艸」—何のための「公会」か)
第2部 明治日本と辛亥革命(国体、神道と近代日本の国家権力—「カミ」という視点から;外山正一による「社会学」の導入—近代東アジアにおける思想の資源として;日清戦争と東洋文明回復論—もう一つの義戦論;梁啓超と近代中国の「革命」;清末変法志士の維新観—「任侠」を中心に;清末革命派知識人の修身・倫理教科書と明治日本—蔡元培・劉師培と井上哲次郎を中心に;章炳麟の陽明学思想—日中近代における儒学思想の意義;章炳麟の革命思想—明治国家への対応)
第3部 近代中国の国家建設と日本(日本のアジア主義と中国革命—近代化におけるナショナリズムとアジア主義;汪精衛の日本留学と陽明学—その活動の背景;北一輝と中国革命—近代への模索;『華国月刊』に見る司法ナショナリズム—中華民国法のあるべき姿とは;蒋介石の明治維新論—「天は自ら助けるものを助く」;清末民国知識人に見る「文化革命像」—そのスペクトル;現代中国における「革命」と「伝統」—「文化大革命」と柳宗元;李白・杜甫)

New Arrivals Books in Related Fields

Rousseau, Jean-Jacques (2022)
Victor, Jennifer Nicoll (2022)
史卫民 (2021)