HOME > Detail View

Detail View

韓洪九の韓国現代史 : 韓国とはどういう国か

韓洪九の韓国現代史 : 韓国とはどういう国か

Material type
단행본
Personal Author
한홍구 韓洪九, 1959- 高崎宗司, 1944-, 監訳 이상진 李尚珍, 訳 佐藤久, 訳 정근주 鄭根珠, 訳 진화수 秦花秀, 訳 박정진 朴正鎭, 訳 松田春香, 訳 이해연 李海燕, 訳
Title Statement
韓洪九の韓国現代史 : 韓国とはどういう国か / 韓洪九 著 ; 高崎宗司 監訳
Publication, Distribution, etc
東京 :   平凡社,   2003  
Physical Medium
320 p. : 揷畵, 肖像畵 ; 20 cm
Varied Title
대한민국史. 단군에서 김두한까지
ISBN
4582454291
General Note
譯者: 李尚珍, 佐藤久, 高崎宗司, 鄭根珠, 秦花秀, 朴正鎭, 松田春香, 李海燕  
000 00000nam c2200205 c 4500
001 000045998282
005 20191004100230
007 ta
008 190911s2003 ja ac 000c jpn
020 ▼a 4582454291
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
041 1 ▼a jpn ▼h kor
082 0 4 ▼a 951.904 ▼2 23
085 ▼a 953.07 ▼2 DDCK
090 ▼a 953.07 ▼b 2003e3
100 1 ▼a 한홍구 ▼g 韓洪九, ▼d 1959-
245 1 0 ▼a 韓洪九の韓国現代史 : ▼b 韓国とはどういう国か / ▼d 韓洪九 著 ; ▼e 高崎宗司 監訳
246 1 1 ▼a The Republic of Korea : ▼b an unauthorized history
246 1 9 ▼a 대한민국史. ▼p 단군에서 김두한까지
246 3 ▼a Han Hongu no Kankoku gendaishi : ▼b Kankoku towa dōiu kunika
246 3 1 ▼a Republic of Korea : ▼b unauthorized history
260 ▼a 東京 : ▼b 平凡社, ▼c 2003
300 ▼a 320 p. : ▼b 揷畵, 肖像畵 ; ▼c 20 cm
500 ▼a 譯者: 李尚珍, 佐藤久, 高崎宗司, 鄭根珠, 秦花秀, 朴正鎭, 松田春香, 李海燕
700 1 ▼a 高崎宗司, ▼d 1944-, ▼e 監訳
700 1 ▼a 이상진 ▼g 李尚珍, ▼e
700 1 ▼a 佐藤久, ▼e
700 1 ▼a 정근주 ▼g 鄭根珠, ▼e
700 1 ▼a 진화수 ▼g 秦花秀, ▼e
700 1 ▼a 박정진 ▼g 朴正鎭, ▼e
700 1 ▼a 松田春香, ▼e
700 1 ▼a 이해연 ▼g 李海燕, ▼e
900 1 0 ▼a Han, Hong-koo, ▼e
900 1 0 ▼a Takasaki, Sōji, ▼e 監訳
900 1 0 ▼a Sato, Hisashi, ▼e
900 1 0 ▼a Matsuda, Haruka, ▼e
945 ▼a KLPA

Holdings Information

No. Location Call Number Accession No. Availability Due Date Make a Reservation Service
No. 1 Location Main Library/Monographs(4F)/ Call Number 953.07 2003e3 Accession No. 511038921 Availability Available Due Date Make a Reservation Service B M

Contents information

Table of Contents

第1部 勝利の深い感激もないままに—韓国のナショナル・アイデンティティ(ただの一度も王様の首を切れなかった—流産した民主革命;王政はなぜ嫌われたのか—立憲君主制論議と共和制の導入 ほか)
第2部 われわれは墓の上に立っている—国家の暴力をめぐって(満州国の影—大韓民国が学んだ教科書;「親日派」について考えること—日帝残滓の清算に見られるいくつかの偏向について ほか)
第3部 敵か味方か、しかなかった—左右・南北対立が構造化された政治文化(「本当の保守」をご存じですか—「糞と味噌」くらい違う守旧と保守;誰が「左右対立」を煽るのか—「万景台芳名録」騒動 ほか)
第4部 反米感情くらい持ってはどうですか—従属する主体からの脱却(マッカーサーは恩人なのか?—外国の将軍の銅像が立つ国;停戦協定の「呪われた遺産」—米国への隷属の強化と韓国の軍事主義化 ほか)
第5部 兵営国家韓国—軍事文化からの解放へ向けて(輝かしい「兵営国家」の誕生—「神聖な国防義務」はどのように生まれ、維持されてきたのか;軍隊がそんなにありがたい所なら、一生いたらどうですか—いまだ遠い軍事文化からの解放 ほか)

New Arrivals Books in Related Fields

최운선 (2023)
한국학중앙연구원. 장서각 (2022)