HOME > 상세정보

상세정보

思想としての言語

思想としての言語

자료유형
단행본
개인저자
中島隆博, 1964-
서명 / 저자사항
思想としての言語 / 中島隆博
발행사항
東京 :   岩波書店,   2017  
형태사항
xiii, 246 p. ; 19 cm
총서사항
岩波現代全書 ;107
ISBN
9784000292078
서지주기
參考文獻: p. 217-227
000 00000nam c2200205 c 4500
001 000045930322
005 20180213162032
007 ta
008 180209s2017 ja b 000c jpn
020 ▼a 9784000292078
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
082 0 4 ▼a 401 ▼2 23
085 ▼a 401 ▼2 DDCK
090 ▼a 401 ▼b 2017z5
100 1 ▼a 中島隆博, ▼d 1964- ▼0 AUTH(211009)82042
245 1 0 ▼a 思想としての言語 / ▼d 中島隆博
246 3 ▼a Shisō to shiteno gengo
260 ▼a 東京 : ▼b 岩波書店, ▼c 2017
300 ▼a xiii, 246 p. ; ▼c 19 cm
440 0 0 ▼a 岩波現代全書 ; ▼v 107
504 ▼a 參考文獻: p. 217-227
900 1 0 ▼a Nakajima, Takahiro, ▼e
900 1 0 ▼a 中島隆博, ▼e
945 ▼a KLPA

소장정보

No. 소장처 청구기호 등록번호 도서상태 반납예정일 예약 서비스
No. 1 소장처 중앙도서관/제2자료실(3층)/ 청구기호 401 2017z5 등록번호 111786093 도서상태 대출가능 반납예정일 예약 서비스 B M

컨텐츠정보

목차

第1部 日本における思想としての言語—普遍に向かって(空海の言語思想;『古今和歌集』と詩の言語;本居宣長と夏目漱石の差異)
第2部 近代における思想としての言語(一)—救済の場所(時代に切線を引くには—ヴァルター・ベンヤミン、竹内好、戸坂潤;日本的基督教と普遍—内村鑑三)
第3部 近代における思想としての言語(二)—垣間見られる秘密(ローカルな精神性と近代—日本近代文学から;神秘をめぐって—井筒俊彦と老荘思想)

관련분야 신착자료