HOME > Detail View

Detail View

若者と仕事 : 学校経由の就職を超えて

若者と仕事 : 学校経由の就職を超えて (Loan 1 times)

Material type
단행본
Personal Author
本田由紀, 1964-
Title Statement
若者と仕事 : 学校経由の就職を超えて / 本田由紀 著
Publication, Distribution, etc
東京 :   東京大学出版会,   2005   (2006)  
Physical Medium
vi, 224 p. : 圖表 ; 22 cm
ISBN
4130513117
Bibliography, Etc. Note
參考文獻(p. 207-216)と索引收錄
Subject Added Entry-Topical Term
Unemployed youth --Japan Youth --Employment --Japan
000 00000nam c2200205 c 4500
001 000045840437
005 20150811155802
007 ta
008 150811s2005 ja d b 001c jpn
020 ▼a 4130513117
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
082 0 4 ▼a 331.340952 ▼2 23
085 ▼a 331.340952 ▼2 DDCK
090 ▼a 331.340952 ▼b 2005
100 1 ▼a 本田由紀, ▼d 1964-
245 1 0 ▼a 若者と仕事 : ▼b 学校経由の就職を超えて / ▼d 本田由紀 著
246 1 1 ▼a Young people and employment in Japan : ▼b beyond the school-mediated job search
246 3 ▼a Wakamono to shigoto : ▼b gakkō keiyu no shūshoku o koete
260 ▼a 東京 : ▼b 東京大学出版会, ▼c 2005 ▼g (2006)
300 ▼a vi, 224 p. : ▼b 圖表 ; ▼c 22 cm
504 ▼a 參考文獻(p. 207-216)と索引收錄
650 0 ▼a Unemployed youth ▼z Japan
650 0 ▼a Youth ▼x Employment ▼z Japan
900 1 0 ▼a Honda, Yuki, ▼e
945 ▼a KLPA

Holdings Information

No. Location Call Number Accession No. Availability Due Date Make a Reservation Service
No. 1 Location Main Library/Monographs(3F)/ Call Number 331.340952 2005 Accession No. 111740174 Availability Available Due Date Make a Reservation Service B M

Contents information

Table of Contents

目次
はじめに
序章 〈教育から仕事への移行〉をめぐる閉塞の打開に向けて = 1
  1. 本書の目的 - 日本の〈教育から仕事への移行〉の再編成 = 1
  2. 日本の〈教育から仕事への移行〉の現状 = 2
  3. 「フリーター」をめぐる言説の動向 = 9
  4. 〈教育から仕事への移行〉に関する従来の研究 = 11
  5. 本書のスタンス - 「教育の職業的意義」なき「学校経由の就職」という「奇妙な現象」 = 17
  6. 本書の構成 = 21
1章 「学校経由の就職」の盛衰 = 25
  1. 国際的に見た日本の〈教育から仕事への移行〉の特異性 = 25
  2. 「学校経由の就職」の形成 = 29
  3. 1990年代における〈教育から仕事への移行〉の変化の背景 = 40
  4. 1990年代の変化が意味するもの = 49
2章 「学校経由の就職」の定着に伴うコンフリクト = 53
  1. 本章の目的 = 53
  2. 1960年代におけるブルーカラー給源の切り替えの内実 = 54
  3. 1960年代の〈教育から仕事への移行〉におけるコンフリクト = 58
  4. コンフリクトに対する企業側の対応 = 68
  5. コンフリクトの緩和がもたらした帰結 = 74
3章 1990年代における高卒就職の変容 - 「実績関係」の実態と変化 = 79
  1. 「学校経由の就職」の核としての「実績関係」 = 79
  2. 「実績関係」をめぐる分析課題 = 80
  3. 「実績関係」の実態 - 各高校の就職先データの検討から = 83
  4. 「実績関係」に付帯する諸現象の近年における変化 - ヒアリング調査結果から = 94
  5. 「実績関係」の実態と変化 = 102
4章 「フリーター」を生み出すもの = 107
  1. 「フリーター」への注目 = 107
  2. 「フリーター」析出要因に関する従来の研究 = 108
  3. 「フリーター」析出の契機 = 112
  4. 「フリーター」析出契機の分析から見えてくるもの = 135
5章 失われた「教育の意義」 = 145
  1. 本章の目的 = 145
  2. 「教育の意義」とは何か = 146
  3. 「教育の職業的意義」の捉え方 = 149
  4. 日本の「教育の職業的意義」に関するデータ分析 = 155
  5. 日本の「教育の職業的意義」の低さの原因 = 172
6章 若者に力を与えるために - 若年雇用政策の問題点と新たな提案 = 179
  1. 政策の批判的検討の必要性 = 179
  2. 若年雇用政策の動向とその問題点 = 180
  3. 新たな提案 = 194
引用文献 = 207
おわりに = 217
人名索引 = 221
事項索引 = 222

New Arrivals Books in Related Fields

Borjas, George J. (2021)
국민연금공단. 국민연금연구원 (2021)