HOME > 상세정보

상세정보

談話分析を學ぶ人のために

談話分析を學ぶ人のために

자료유형
단행본
개인저자
Coulthard, Malcolm 吉村昭市, 1931-, 譯 貫井孝典, 1941-, 譯 鎌田修, 1949-, 譯
서명 / 저자사항
談話分析を學ぶ人のために / マルコムㆍク-ルタ-ド ; 吉村昭市, 貫井孝典, 鎌田修 譯
발행사항
京都 :   世界思想社,   1999  
형태사항
iv, 337 p. ; 22 cm
원표제
(An) introduction to discourse analysis (2nd ed.)
ISBN
4790707407
서지주기
參考文獻(p. 311-328)と索引收錄
일반주제명
Discourse analysis
000 01131namcc2200361 c 4500
001 000045770933
005 20131106155042
007 ta
008 131022s1999 ja b 001c jpn
020 ▼a 4790707407
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
041 1 ▼a jpn ▼a eng ▼h eng
082 0 4 ▼a 401/.41 ▼2 23
085 ▼a 401.41 ▼2 DDCK
090 ▼a 401.41 ▼b 1999z1
100 1 ▼a Coulthard, Malcolm
245 1 0 ▼a 談話分析を學ぶ人のために / ▼d マルコムㆍク-ルタ-ド ; ▼e 吉村昭市, ▼e 貫井孝典, ▼e 鎌田修 譯
246 1 9 ▼a (An) introduction to discourse analysis ▼g (2nd ed.)
246 3 ▼a Danwa bunseki o manabu hito no tameni
260 ▼a 京都 : ▼b 世界思想社, ▼c 1999
300 ▼a iv, 337 p. ; ▼c 22 cm
504 ▼a 參考文獻(p. 311-328)と索引收錄
546 ▼a 日英混合收錄
650 0 ▼a Discourse analysis
700 1 ▼a 吉村昭市, ▼d 1931-, ▼e
700 1 ▼a 貫井孝典, ▼d 1941-, ▼e
700 1 ▼a 鎌田修, ▼d 1949-, ▼e
900 1 0 ▼a ク-ルタ-ド, マルコム, ▼e
900 1 0 ▼a Yoshimura, Shoichi, ▼e
900 1 0 ▼a Mukii, Takanori, ▼e
900 1 0 ▼a Kamada, Osamu, ▼e
945 ▼a KLPA

소장정보

No. 소장처 청구기호 등록번호 도서상태 반납예정일 예약 서비스
No. 1 소장처 중앙도서관/제2자료실(3층)/ 청구기호 401.41 1999z1 등록번호 511008835 도서상태 대출중 반납예정일 2021-04-23 예약 예약가능 R 서비스 M

컨텐츠정보

목차


目次
序文 = 3
原著者の序文 = 8
日本語版によせて = 10
第1章 序論 = 13
 談話分析の初期の試み = 16
 談話構成單位と談話の機能 = 20
第2章 發話行爲と會話の公準 = 30
 その後の理論の展開 = 43
 間接發話行爲 = 51
 會話の公準 = 60
第3章 發話の民族誌學 = 64
 言語共同體 = 66
 發話のスタイル = 70
 言語事象 = 76
 言語事象の構成要素 = 79
 相互作用(interaction)の規準 = 96
第4章 會話分析 = 101
 話者交代(turn-taking) = 102
 會話構造 = 117
 優先組織(preference organization) = 119
 揷入發話連續(inserted sequences) = 124
 方法論上の考察 = 125
 話題 = 134
 話題の轉換 = 137
 話題の衝突 = 138
 スト-リ- = 141
 話題の一貫性 = 146
 會話の分析 = 151
 會話のスタイル的特徵 = 158
第5章 イントネ-ション = 164
 理論的前置き = 165
 イントネ-ションの記述 = 166
 ブラジル = 170
 音調(tone) = 175
 キ-(key) = 184
 ピッチの呼應(pitch concord) - キ-と終結 = 190
 形式と機能 = 193
 まとめ = 196
第6章 言語學的アプロ-チ = 198
 談話構造 = 201
 形式と機能 = 211
 發話交換構造 = 219
 予期される分類 = 224
 發話交換の限界 = 225
 批判 = 230
第7章 談話分析と言語敎育 = 236
 ノ-ショナル·シラバス(notional syllabuses) = 242
 コミュニカティヴ·ティ-チング = 249
第8章 談話の獲得 = 256
 言語の機能 = 258
 解釋·産出ル-ルの獲得 = 267
 會話の構造 = 273
 第二言語獲得 = 280
第9章 文學的談話の分析 = 282
 文體論 = 282
 言語哲學の應用 = 283
 會話分析 = 287
 『オセロウ』の中の質疑應答 = 290
 その後の場面 = 301
 結語 = 307
さらに深く讀みたい人のための參考文獻 = 309
參考文獻 = 311
譯者あとがき = 329
人名索引/事項索引 = 331


관련분야 신착자료