HOME > 상세정보

상세정보

デフレの恐怖

デフレの恐怖

자료유형
단행본
개인저자
Bootle, R. P. 高橋乘宣 , 1940- , 監譯
서명 / 저자사항
デフレの恐怖 / R. ブ-トル 著 ; 高橋乘宣 監譯.
발행사항
東京 :   東洋經濟新報社 ,   1998.  
형태사항
xxii, 349, 21 p. ; 20 cm.
원표제
(The)death of inflation : surviving and thriving in the zero era
ISBN
4492312455
서지주기
參考文獻 收錄
일반주제명
Inflation (Finance) Cost and standard of living. Interest rates. Finance, Personal.
000 01006namccc200337 k 4500
001 000045512878
005 20100807122727
007 ta
008 090330s1998 ja b 000a jpn
020 ▼a 4492312455
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
041 1 ▼a jpn ▼h eng
082 0 4 ▼a 332.4/1 ▼2 22
085 ▼a 337.9 ▼2 NDC9
090 ▼a 332.41 ▼b 1998z1
100 1 ▼a Bootle, R. P.
245 1 0 ▼a デフレの恐怖 / ▼d R. ブ-トル 著 ; ▼e 高橋乘宣 監譯.
246 1 9 ▼a (The)death of inflation : surviving and thriving in the zero era
260 ▼a 東京 : ▼b 東洋經濟新報社 , ▼c 1998.
300 ▼a xxii, 349, 21 p. ; ▼c 20 cm.
504 ▼a 參考文獻 收錄
650 0 ▼a Inflation (Finance)
650 0 ▼a Cost and standard of living.
650 0 ▼a Interest rates.
650 0 ▼a Finance, Personal.
700 1 ▼a 高橋乘宣 , ▼d 1940- , ▼e 監譯
900 1 1 ▼a タカハシ, ジョウセン , ▼d 1940-
900 1 1 ▼a Takahashi, Jyo^sen , ▼d 1940-
940 ▼a デフレ ノ キョウフ
945 ▼a KINS

소장정보

No. 소장처 청구기호 등록번호 도서상태 반납예정일 예약 서비스
No. 1 소장처 학술정보관(CDL)/B1 국제기구자료실(보존서고3)/ 청구기호 332.41 1998z1 등록번호 111516783 도서상태 대출가능 반납예정일 예약 서비스 B M

컨텐츠정보

목차


目次
日本語版への序文 = ⅰ
初版への序文 = ⅶ
第二版への序文 = xii
第Ⅰ部 インフレの死 = 1
 第1章 ゼロ·インフレの時代 = 3
  先進諸國と新興諸國 = 5
  望ましいインフレはない = 11
  價格下落の恐怖 = 13
  デフレの現實味が 增してきた = 16
  金利はマイナスではあり得ない = 17
  政策目的としてのインフレ = 18
  われわれはデフレを知らない = 21
  安定化のために變動する價格 = 22
  インフレの本質とは何か = 24
  インフレへの對應は困難だ = 27
  インフレのまやかし = 29
  ディスインフレが抱える危險 = 31
  インフレ終焉への對應策 = 32
  エコノミストの限界 = 33
  すべてのインフレは同じではない = 35
  經濟の構造的變化 = 36
  生産者と勞動者の台頭 = 37
  政府の介入 = 38
  生産性論理の導入 = 39
  超高インフレ時代 = 41
  インフレ時代からゼロ·インフレ時代へ = 42
 第2章 競爭市場の勝利 = 43
  技術革新により變化する勞動需要 = 44
  賃金體系の變化 = 47
  勞動組合の衰退 = 49
  民營化の進行と勞動市場への影響 = 53
  もはや勞動者は安穩としてはいられない = 56
  勞動市場に荒れ狂う競爭の旋風 = 57
  そして生き殘りをかけての競爭 = 59
  株式市場の壓力 = 60
  情報革命が價格に影響を與える = 63
  進むグロ-バリゼ-ション = 65
  新興諸國の台頭 = 66
  インフレにおけるグロ-バリゼ-ションの影響 = 69
  生産性論埋の消滅 = 72
  新興諸國への移轉 = 75
  新興諸國でのインフレ緩和 = 76
  消費者の警戒 = 79
  價格の感應度 = 81
  競爭市場がもたらすデフレ = 84
第Ⅱ部 ゼロ·インフレ時代の生き殘り策 = 87
 第3章 住宅價格の持續的な上昇は再現するか = 89
  住宅は現金自動支拂機のようなものだ = 91
  インフレがないときの住宅價格 = 92
  行ったり來たりと堂堂巡り = 94
  住宅價格上昇の本當の理由 = 97
  インフレと實質住宅價格 = 99
  稅控除が高金利の痛みを和らげる = 99
  潤滑油としてのインフレ = 101
  若者たちが住宅市場へ第一步を踏み出す時 = 104
  住宅市場の慘劇? = 105
  住宅市場の變遷の歸結 = 108
  住宅市場の沈滯は景氣惡化を意味するか = 111
  不動産を住まいとみなす = 116
  住宅抵當の慘劇の新しいかたち = 117
 第4章 金融市場:われわれの未來はその手中にある = 119
  金利はどこまで低下しうるのか = 120
  期待の重要性 = 123
  信念, 慣例, ショック = 125
  變遷の危險と拔け穴 = 129
  投資家の心配 = 132
  物價の下落 = 133
  ゼロ·インフレ時代の投資 = 134
  企業別株價パフォ-マンスの懸隔 = 137
  株式對債券 = 138
  銀行預金と指數連動債券 = 140
  商業不動産 = 142
  農業用地 = 145
  金と實物資産 = 146
  古美術品, 藝術作品, 蒐集品 = 148
  メイベルおばさんとピカソ = 153
  價格と價値 = 154
 第5章 ゼロ·インフレ時代の個人資産 = 157
  まるで不思議の國のアリスのようなものだ = 157
  複利增殖の驚異的な威力 = 159
  たいして上がらない賃金に慣らされる = 160
  生涯の可處分所得は住宅口-ンで大きく變わる = 164
  貯蓄態度には强い影響が生じる = 168
  生命保險とゼロ·インフレ = 170
  ゼロ·インフレ時代の年金問題 = 173
  最終給與と年金の仕組み = 175
  退職後の年金はどうなるのか = 177
  年金はどれくらいの所得になるのか = 178
  デフレのもとでは年金はどうなるのか = 181
  預金からの收入はどうか = 183
  過去の價値をめぐる困惑 = 185
  不安定感の原因 = 189
 第6章 産業界の挑戰 = 191
  消費者の價格感應度 = 192
  製品の價格感應度 = 197
  商品價格はどうなるのか = 198
  爲替レ-トの變動は終わりを告げるのか = 201
  物價が下落する世界 = 203
  價格の重要性を認識する = 205
  金利と投資 = 207
  どこまでいくのか = 208
  移行期における問題 = 210
  歪んだ鏡 = 211
  企業の利益は增えていくのか = 213
  産業への影響 = 215
  困難が增す企業經營 = 218 
第Ⅲ部 デフレ經濟とリフレ經濟 = 221
 第7章 インフレと金利の歷史的推移 = 223
  初期の貨幣制度事の起こりからスペインの新産金まで = 224
  金本位時代への進展 = 228
  物價の長期安定時代 = 231
  ハイパ-インフレ時代 = 234
  大恐慌下の物價低落 = 236
  一九四五年以降の物價動向 = 238
  國際通貨體制の崩壞 = 240
  一九七二~七三年に商品市況と原油價格が爆發 = 241
  金利の今昔物語 = 245
  アメリカの金利動向 = 248
  インフレ退治最優先の時代へ = 250
  金本位制から勞動本位制へ:經濟史上の奇妙なひと駒 = 255 
 第8章 再考を求められるエコノミストたち = 257
  歷史觀なき經濟理論 = 259
  通貨供給量の變動とハイパ-インフレ = 260
  通貨膨張には多樣な要因がある = 263
  空しき數理經濟戰國時代へ = 265
  對策としてのマネタリズムの功罪 = 267
  歷史的視点からみたマネタリズム = 269
  それでも續くマネタリズム人氣 = 272
  フィリップス曲線とそれに基づく政策處方箋 = 275
  自然失業率をめぐる不毛な論爭:針の頭の上で踊れる天使は何人か = 276
  二0年間の物價安定をどう說明するか = 279
  もう一つのアプロ-チ:ケインズ的視点からみた解釋 = 280
  自然失業率論に自然死を = 282
  産出ギャップ說登場 = 283
  インフレ發生因に關する歷史的視角 = 286
  諸惡の根源はぺ-パ-·マネ-なのか = 289
  生産者パワ-時代の到來がもたらしたもの = 291
  價格·コスト關係についての再考 = 293
  岐路に立つインフレ環境 = 296 
 第9章 いま, 政冶は何をなすべきか = 297
  潮流の變化は何をもたらすのか = 299
  ネジはさらに回轉する:なおもインフレにこだわる中央銀行家たち = 302
  そしてどん底へ = 304
  悲觀論に終止符を = 305
  中央銀行家たちは狀況を正しく把握しているか = 308
  成り行き的ディスインフレ論 = 312
  禁斷の價格政策:意圖的なデフレ經濟化 = 314
  アメリカFRBの慧眼 = 317
  デフレ時代の財政運營 = 320
  低インフレ下の爲替戰爭と歐州通貨統合 = 322
  新通貨ユ-ロ, それは强い通貨なのか弱い通貨なのか = 325
  通貨統合なき場合はどうなるか = 327
  主流派の懷疑論者たちは現實をみない = 328
  批判に答えて = 329
  マネ-·サプライ至上主義への疑念 = 331
  構造變化と政策節度:インフレ退治の主因はどちらか = 333
  民主政治と管理通貨體制の組み合わせはインフレ的なのか = 334
  「ケインズ主義」の破綻 = 336
  デフレが恐くては予測はできない = 337
  中央銀行家の神經を逆なでした本書 = 339
  通貨政策の目標をどう設定するか = 340
  中央銀行家たちの誤解 = 342
  死せるインフレか, 眠れるインフレか = 344
  生かすも殺すも, 勝負はこれから = 345
譯者あとがき = 347
注記と參照文獻


관련분야 신착자료

Livermore, Jesse L (2022)