HOME > Detail View

Detail View

現代地方自治の軌跡 : 日本型地方自治の總括と課題

現代地方自治の軌跡 : 日本型地方自治の總括と課題

Material type
단행본
Personal Author
妹尾克敏 , 1953-
Title Statement
現代地方自治の軌跡 : 日本型地方自治の總括と課題 / 妹尾克敏 著.
Publication, Distribution, etc
京都 :   法律文化社 ,   2004.  
Physical Medium
viii, 302 p. ; 22 cm.
Series Statement
松山大學硏究叢書 ; 第44卷
ISBN
4589027194
Bibliography, Etc. Note
文獻あり.
Subject Added Entry-Topical Term
Local government --Law and legislation --Japan --History --20th century. Local government --Japan --History --20th century.
000 01029namccc200301 k 4500
001 000045491135
005 20100807083302
007 ta
008 081210s2004 ja b 000a jpn
020 ▼a 4589027194
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
043 ▼a a-ja---
050 1 4 ▼a KNX2920 ▼b .S46 2004
082 0 4 ▼a 342.52/09 ▼2 22
090 ▼a 342.5209 ▼b 2004
100 1 ▼a 妹尾克敏 , ▼d 1953-
245 1 0 ▼a 現代地方自治の軌跡 : ▼b 日本型地方自治の總括と課題 / ▼d 妹尾克敏 著.
260 ▼a 京都 : ▼b 法律文化社 , ▼c 2004.
300 ▼a viii, 302 p. ; ▼c 22 cm.
440 0 0 ▼a 松山大學硏究叢書 ; ▼v 第44卷
504 ▼a 文獻あり.
650 0 ▼a Local government ▼x Law and legislation ▼z Japan ▼x History ▼y 20th century.
650 0 ▼a Local government ▼z Japan ▼x History ▼y 20th century.
900 1 1 ▼a Senoo, Katsutoshi , ▼d 1953-
940 ▼a Gendai chiho^ jichi no kiseki : Nihon-gata chiho^ jichi no so^katsu to kadai
945 ▼a KINS
949 ▼a Matsuyama Daigaku kenkyu^ so^sho ; ▼v dai 44-kan

Holdings Information

No. Location Call Number Accession No. Availability Due Date Make a Reservation Service
No. 1 Location Main Library/Law Library(Preservation Stacks/B2)/ Call Number 342.5209 2004 Accession No. 111517580 Availability Available Due Date Make a Reservation Service B M

Contents information

Table of Contents

目次
序章 解題「日本型地方自治」の軌跡と◆U7DCF◆括
 はじめに = 1
 1 一九八0年代の◆U72B6◆況 = 2
 2 一九九0年代の地方自治模◆U69D8◆ = 4
 3 日本型地方自治の◆U7DCF◆括の必要性 = 7
第一章 地方自治「法」改正系譜 - 集◆U6A29◆型から分◆U6A29◆型の地方自治へ = 11
 第一節 機◆U95A2◆委任事務制度の「見直し」から「◆U5EC3◆止」へ = 11
  一 機◆U95A2◆委任事務制度の構造 = 12
   1 その沿革 = 12
   2 その法的◆U67A0◆組み = 13
  二 「行政改革」下の地方制度の「見直し」 = 15
   1 「見直し」の◆U7D4C◆過 = 15
   2 地方自治法一四六◆U6761◆改正法案 = 22
  おわりに = 26
 第二節 「地方分◆U6A29◆」前夜の地方自治法改正 = 31
  一 「執行機◆U95A2◆」等◆U95A2◆連◆U6761◆項 = 32
   1 機◆U95A2◆委任事務(職務執行命令訴訟)制度 = 32
   2 監査委員制度 = 34
  二 「議◆U4F1A◆」◆U95A2◆連◆U6761◆項 = 36
  三 「地◆U7E01◆による◆U56E3◆◆U4F53◆」の認可制度の新設 = 38
  おわりに = 40
第二章 「開◆U767A◆」の中の地方自治像 = 47
 第一節 「四全◆U7DCF◆」の地域開◆U767A◆·地域振興 = 47
  一 「地方自治」と「全◆U56FD◆◆U7DCF◆合開◆U767A◆計◆U753B◆」 = 49
   1 ◆U56FD◆土形成と「東京一極集中」現象 = 49
   2 「全◆U56FD◆◆U7DCF◆合開◆U767A◆計◆U753B◆」の◆U6B69◆み = 54
  二 「四全◆U7DCF◆」の理念とその後の地方自治 = 58
   1 「四全◆U7DCF◆」の策定過程と◆U5185◆容的特質 = 58
   2 「多極分散型◆U56FD◆土形成促進法」の◆U6982◆要 = 64
  結びにかえて = 72
 第二節 「二一世紀の◆U56FD◆土のグランドデザイン」の功罪 = 83
  一 ◆U56FD◆土計◆U753B◆の◆U4F53◆系とその◆U7DCF◆括 = 85
   1 ◆U753B◆一性と多◆U69D8◆性の相剋 = 85
   2 ◆U56FD◆土開◆U767A◆理念の◆U8EE2◆換 = 87
  二 「グランドデザイン」の特◆U5FB4◆と課題 = 88
   1 「多軸型◆U56FD◆土構造」 = 88
   2 「◆U53C2◆加と連携」 = 90
   3 小括 = 91
  まとめにかえて = 93
第三章 『改革』の中の地方自治制度 = 97
 第一節 「◆U5E83◆域行政」の新展開 = 97
  一 ◆U5E83◆域行政論の系譜と地方自治制度の沿革 = 100
   1 ◆U6226◆前および◆U6226◆中から敗◆U6226◆までの系譜 = 100
   2 ◆U6226◆後の系譜 = 101
  二 「連合制」登場の背景と意味 = 105
   1 新行革審の足跡 = 105
   2 「◆U56FD◆と地方の◆U95A2◆係等に◆U95A2◆する小委員◆U4F1A◆」の足跡 = 107
  三 「連合制」の特質 = 108
  おわりに = 112
 第二節 「◆U72ED◆域行政」の可能性? - 「地◆U7E01◆による◆U56E3◆◆U4F53◆」の法人化とコミュニティの新局面 = 123
  一 「町◆U5185◆◆U4F1A◆等」の沿革 = 124
   1 その◆U767A◆生と◆U5909◆貌 = 125
   2 「コミュニティ」と地方自治 = 128
  二 「地◆U7E01◆による◆U56E3◆◆U4F53◆」の法的位相 = 132
   1 「町◆U5185◆◆U4F1A◆等」の法的性格 = 132
   2 「地◆U7E01◆による◆U56E3◆◆U4F53◆」の法的性格 = 134
   3 小括 = 139
  三 「地◆U7E01◆による◆U56E3◆◆U4F53◆」とコミュニティ = 142
   1 「草の根」としてのコミュニティ = 142
   2 「地◆U7E01◆による◆U56E3◆◆U4F53◆」と「草の根」 = 144
   3 これからの住民自治組織 = 146
  おわりに = 149
第四章 「まちづくり」の手法と地方自治運◆U55B6◆ = 159
 第一節 「第三セクタ◆U30FC◆」の法的考察 = 159
  一 「第三セクタ◆U30FC◆」設立の背景と沿革 = 161
   1 新たな行政需要と行政組織の多◆U69D8◆化 = 162
   2 行政改革と地方自治の◆U5909◆容 = 164
  二 「第三セクタ◆U30FC◆」の法的位相 = 166
   1 法的根◆U62E0◆と法的統制 = 167
   2 行政手法と行政組織の間 = 169
  おわりに = 172
 第二節 地域の「自立的成長」 = 177
  一 地方分◆U6A29◆と地方制度改革 = 178
   1 地方分◆U6A29◆論の背景と系譜 = 178
   2 地方制度改革の◆U5B9F◆相 = 180
  二 まちづくりと◆U56FD◆土開◆U767A◆ = 183
   1 ◆U56FD◆土開◆U767A◆の法◆U4F53◆系と「地方」 = 183
   2 まちづくりの意味と可能性 = 185
  おわりに = 194
第五章 地方分◆U6A29◆時代の到◆U6765◆ = 205
 第一節 地方分◆U6A29◆推進法の射程 = 205
  一 「地方分◆U6A29◆論」の系譜と推進法の制定過程 = 205
   1 「地方分◆U6A29◆論」の系譜と文脈 = 205
   2 推進法制定の背景 = 208
   3 推進法の立法過程 = 210
  二 分◆U6A29◆の構◆U56F3◆と目的 = 212
   1 推進法の規定する「分◆U6A29◆」 = 212
   2 推進法と地方自治法 = 214
  おわりに = 217
 第二節 自治運◆U55B6◆スタイルの◆U5909◆容 = 223
  一 行政手◆U7D9A◆法の制定と地方自治 = 224
   1 行政手◆U7D9A◆法の制定過程と◆U5185◆容的特質 = 225
   2 地方公共◆U56E3◆◆U4F53◆と行政手◆U7D9A◆ = 230
  二 手◆U7D9A◆法と手◆U7D9A◆◆U6761◆例 = 232
   1 手◆U7D9A◆法三八◆U6761◆の趣旨と◆U5BFE◆◆U5FDC◆ = 233
   2 行政手◆U7D9A◆◆U6761◆例の課題 = 242
  おわりに = 246
第六章 地方分◆U6A29◆時代の「議◆U4F1A◆」と「住民」 = 253
 第一節 自治◆U4F53◆議◆U4F1A◆の定位と改革 = 253
  一 「自治◆U4F53◆議◆U4F1A◆」の地位と◆U6A29◆限 = 254
   1 住民代表機◆U95A2◆性 = 255
   2 議事機◆U95A2◆性 = 256
   3 議決◆U6A29◆ = 256
   4 監視的◆U6A29◆限 = 259
  二 「自治◆U4F53◆議◆U4F1A◆」の組織と運◆U55B6◆ = 262
   1 議員の地位と定◆U6570◆ = 262
   2 議◆U4F1A◆の◆U5185◆部組織 = 264
   3 議◆U4F1A◆事務局 = 265
   4 ◆U4F1A◆議の運◆U55B6◆ = 266
  まとめにかえて = 267
 第二節 「住民」◆U6982◆念と「住民投票」に◆U95A2◆する再考察 = 271
  一 住民◆U53C2◆加と「住民投票」 = 271
   1 「住民◆U53C2◆加」制度の現◆U72B6◆ = 273
   2 事◆U5B9F◆上の住民◆U53C2◆加の意義と限界 = 278
  二 「住民投票」の可能性と課題 = 280
   1 住民◆U53C2◆加の新手法としての住民投票 = 281
   2 諮問型住民投票と決定型住民投票 = 283
   3 住民投票◆U6761◆例の◆U67A0◆組みと課題 = 285
  おわりに = 290
あとがき = 299

New Arrivals Books in Related Fields