HOME > 상세정보

상세정보

姜在彦 著作選. 第3卷, 朝鮮の開化思想

姜在彦 著作選. 第3卷, 朝鮮の開化思想 (7회 대출)

자료유형
단행본
개인저자
강재언 姜在彦, 1926-2017
서명 / 저자사항
姜在彦 著作選. 第3卷, 朝鮮の開化思想 / 姜在彦 著
발행사항
東京 :   明石書店,   1996  
형태사항
366 p. ; 23 cm
ISBN
4750308161
일반주기
索引收錄  
000 00000cam c2200205 c 4500
001 000000558779
005 20191010170828
007 ta
008 970905s1996 ja 001c jpn
020 ▼a 4750308161
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
049 1 ▼l 111083629 ▼l 192021722
082 0 4 ▼a 951.902 ▼2 22
085 ▼a 953.05 ▼2 DDCK
090 ▼a 953.05 ▼b 1996k ▼c 3
100 1 ▼a 강재언 ▼g 姜在彦, ▼d 1926-2017
245 1 0 ▼a 姜在彦 著作選. ▼n 第3卷, ▼p 朝鮮の開化思想 / ▼d 姜在彦 著
246 3 ▼a Kan Jeon chosakusen. ▼n 3, ▼p Chōsen no kaika shisō
260 ▼a 東京 : ▼b 明石書店, ▼c 1996
300 ▼a 366 p. ; ▼c 23 cm
500 ▼a 索引收錄

소장정보

No. 소장처 청구기호 등록번호 도서상태 반납예정일 예약 서비스
No. 1 소장처 중앙도서관/제3자료실(4층)/ 청구기호 953.05 1996k 3 등록번호 111083629 도서상태 대출가능 반납예정일 예약 서비스 B M
No. 2 소장처 중앙도서관/제3자료실(4층)/ 청구기호 953.05 1996k 3 등록번호 511038938 도서상태 대출가능 반납예정일 예약 서비스 B M
No. 3 소장처 중앙도서관/민족문화연구원/ 청구기호 953.05 1996k 3 등록번호 192021722 도서상태 대출불가(자료실) 반납예정일 예약 서비스 M

컨텐츠정보

목차


目次

著作選の刊行に寄せて = 3

第一章 朝鮮儒學史のなかの實學思想 = 13

 第一節 朱子學の傳來と儒敎立國 = 14

  1 朱子學傳來以前の朝鮮儒敎 = 14

  2 朱子學の傳來と李朝建國 - 鄭夢周と鄭道傳を中心として = 19

  3 性理學全盛期の朝鮮儒敎 - 李滉と李珥を中心として = 26

  4 禮訟をめぐる論爭と黨爭 - 宋時烈と尹휴を中心として = 34

 第二節 實學思想の形成と英·正時代 = 44

  1 李朝後期儒敎の特質とその內在批判 = 44

  2 新しい學風としての實學思想 = 52

  3 英·正時代と實學派の形成と系譜 = 59

第二章 「實學」から「開化」への思想系譜 = 79

 第一節 實學思想の近代志向的性格 = 80

  1 「華夷一也」の世界觀 = 80

  2 對淸國·日本·西洋觀 = 85

  3 新四民論と民本主義 = 92

  4 國內市場の單一化と海外通商論 = 102

 第二節 「實學」から「開化」への轉回 = 112

  1 思想的閉塞期の實學思想 = 112

  2 金正喜における「北學」 = 116

  3 朴珪壽の思想と「開化」 = 120

 第三節 開化派の形成とその展開 = 133

  1 初期開化派の形成 = 133

  2 開化派の分化 - 「變法的」と「改良的」 = 142

  3 開化運動の四つの段階 = 153

  4 「開化」の意味 = 158

第三章 獨立新聞·獨立協會·万民共同會 - 一八九0年代後半期の大衆的開化運動 = 165

 はじめに = 166

 第一節 歷史的背景 = 167

 第二節 『獨立新聞』創刊と獨立協會 = 177

  1 獨立協會の思想的系譜 = 177

  2 『獨立新聞』と自由民權思想 = 181

  3 政治結社としての獨立協會 = 190

  4 民權伸長と議會設立運動 = 199

 第三節 皇國協會との激突と獨立協會の解散 = 208

  1 皇國協會のテロ攻勢 = 208

  2 中樞院選擧と獨立協會解散 = 212

 むすび = 218

第四章 敎育的開化と近代學校の成立 - その思想的·制度的形成過程 = 225

 はじめに = 226

 第一節 草創期の近代敎育 = 232

  1 近代學校の萌芽的形態 = 232

  2 初期開化派の敎育思想 = 243

 第二節 近代的敎育制度の確立 = 252

  1 甲午改革と敎育綱領 = 252

  2 新學制による近代學校 = 256

 第三節 民間人による私學敎育 = 265

  1 民族系私立學校 = 265

  2 キリスト敎系私立學校 = 269

 第四節 獨立協會の敎育思想 = 279

  1 「實學」を軸とした敎育思想 = 279

  2 國文·國史による朝鮮本位の敎育 = 284

  3 童蒙(兒童)敎育と女子敎育 = 291

  4 經濟的開化と實業敎育 = 296

 第五節 敎育救國運動への轉回 = 300

  1 朝鮮敎育の日本化過程 = 300

  2 「忠良化」か「順良化」か = 308

  3 國權回復のための敎育運動 = 312

第五章 李朝末期の實力養成=自强運動 - 國權回復運動と開化思想 = 321

 はじめに = 322

 第一節 實力養成=自强運動の思想系譜 = 323

 第二節 國權回復の「機會」と「實力」 = 335

 第三節 自强精神と「國粹」の發掘 = 340

 第四節 自强策の二つの柱 - 「敎育」と「生聚」 = 349

 第五節 開化運動の終焉 - 新民會の「百五人事件」 = 356

人名索引 = 360



관련분야 신착자료

한국교통대학교. 중원학연구소 (2022)
이명미 (2022)