HOME > Detail View

Detail View

無線LAN技術講座

無線LAN技術講座

Material type
단행본
Personal Author
重野寬 松下溫
Title Statement
無線LAN技術講座 / 重野寬 著 ; 松下溫 監修.
Publication, Distribution, etc
東京 :   ソフトㆍリサ―チㆍセンタ― ,   1994.  
Physical Medium
319 p. : 삽도 ; 22 cm.
Series Statement
NEシリ―ズ
기타표제
ネツトワ―クㆍコ―ザのための
ISBN
4915778428
General Note
색인포함  
Bibliography, Etc. Note
參考文獻: p.306-307
000 00747camccc200277 k 4500
001 000000547862
005 20100805015522
007 ta
008 970715s1994 ja a 001a jpn
020 ▼a 4915778428 ▼g C3055 : ▼c ¥5049
040 ▼a 211009 ▼c 211009 ▼d 211009
049 1 ▼l 121031216
082 0 4 ▼a 004.68 ▼2 21
085 ▼a 8568 ▼2 KDCP
090 ▼a 004.68 ▼b 1994b
100 1 ▼a 重野寬
245 1 0 ▼a 無線LAN技術講座 / ▼d 重野寬 著 ; ▼e 松下溫 監修.
246 0 3 ▼a ネツトワ―クㆍコ―ザのための
260 ▼a 東京 : ▼b ソフトㆍリサ―チㆍセンタ― , ▼c 1994.
300 ▼a 319 p. : ▼b 삽도 ; ▼c 22 cm.
490 0 0 ▼a NEシリ―ズ
500 ▼a 색인포함
504 ▼a 參考文獻: p.306-307
700 1 ▼a 松下溫
950 0 ▼b ¥5049

Holdings Information

No. Location Call Number Accession No. Availability Due Date Make a Reservation Service
No. 1 Location Science & Engineering Library/Stacks 1(Eastern Books)/ Call Number 004.68 1994b Accession No. 121031216 Availability Available Due Date Make a Reservation Service B M

Contents information

Table of Contents


目次
はじめに
第1章 無線LANとは = 13
 1.l LANをとりまく現狀と問題点 = 13
 1.2 無線LANの登場 = 19
 1.3 無線LANへの期待 = 23
 本章のまとめ = 26
第2章 LANの基礎知識 = 29
 2.l LANの基礎技術 = 29
  2.1.l LANのトポロジ = 30
  2.1.2 べ-スバンド方式とブロ-ドバンド方式 = 33
  2.1.3 LANの傳送媒體 = 36
  2.1.4 傳送媒體の共用 = 37
 2.2 ネットワ-ク·ア-キテクチャとOSI參照モデル = 38
  2.2.1 OSI參照モデル = 39
  2.2.2 階層化ア-キテクチャ = 41
  2.2.3 OSI參照モデルの各層の機能 = 44
 2.3 IEEE 802標準 = 55
  2.3.1 論理リンク制御副層と媒體アクセス制御副層 = 55
  2.3.2 IEEE802.2論理リンク制御 = 57
  2.3.3 IEEE802.3CSMA/CD = 63
  2.3.4 IEEE802.4ト-クン·パッシング·バス = 69
  2.3.5 IEEE802.5ト-クン·パッシング·リング = 75
 2.4 ネットワ-クの相互接續 = 82
  (1) リピ-タ(repeater) = 83
  (2) ブリッジ(bridge) = 84
  (3) ル-タ(router) = 85
  (4) ゲ-トウェイ(gateway) = 86
 本章のまとめ = 86
第3章 無線LANの構成と機能上の要求條件 = 89
 3.l 無線LANの構成と問題点 = 89
  3.1.l BSAの構成 = 92
  3.1.2 BSA·ESAとサ-ビスエリア間干涉 = 95
  3.1.3 ステ-ション移動 = 99
 3.2 無線LANのア-キテクチャ = 101
  3.2.1 無線LANの物理層 = 102
  3.2.2 無線通信の問題とMAC = 106
 3.3 無線LANの機能的な要求條件 = 108
 本章のまとめ = 110
第4章 無線LANの物理層の技術 = 113
 4.1 無線デ-タ通信の基礎 = 113
 4.2 電波傳搬 = 115
  4.2.1 電波傳搬の基礎 = 115
  4.2.2 電波傳搬モデル = 118
  4.2.3 陸上移動體通信における電波傳搬 = 123
  4.2.4 屋內電波傳搬特性 = 125
   (1) 距離變動 = 127
   (2) 短區間中央値と瞬時値變動 = 129
 4.3 狹帶域變調方式 = 131
  4.3.1 變調の基礎 = 131
   (1) スペクトルと帶域幅 = 132
   (2) 情報傳送速度と符號傳送速度 = 133
   (3) SN比と誤り率 = 134
  4.3.2 基礎的な變復調方式 = 135
   (1) ASK(Amplitude Shift Keying) = 135
   (2) FSK(Frequency Shift Keying) = 138
   (3) PSK(Phase Shift Keying) = 139
  4.3.3 多値變調方式 = 141
   (1) 基本的な變調方式の多値化 = 142
   (2) QAM(Quadrature Amplitude Modulation)方式 = 143
  4.3.4 サイド·ロ-ブの低減 = 145
   (1) 位相連續FSKとMSK = 148
   (2) GMSK = 151
 4.4 廣帶域變調方式 = 153
  4.4.1 直接擴散方式 = 155
  4.4.2 周波數ホッピング方式 = 157
  4.4.3 スペクトル擴散方式の特徵 = 159
 4.5 フェ-ジング對策技術 = 161
  (1) ダイバ-シティ(Diversity) = 162
  (2) 適應等價器(Adaptive Equalizer) = 166
  (3) その他の技術 = 168
 本章のまとめ = 170
第5章 無線LANの媒體アクセス制御方式の技術 = 175
 5.1 アクセス制御方式と基本的な假定 = 176
  5.1.1 多重化とマルチプル·アクセス = 176
  5.1.2 基本的なモデルと假定 = 179
   (1) フレ-ムの生成 = 180
   (2) ステ-ション = 181
   (3) チャネル = 182
   (4) 衝突の假定 = 182
  5.1.3 アクセス制御方式の性能評價パラメ-タ = 184
   (1) スル-プット(throughput) = 184
   (2) 供給トラフィック(offered traffic) = 184
   (3) 平均傳送遲延(average transmission delay) = 185
 5.2 コンテンション方式 = 188
  5.2.1 ピュア·アロハ方式とスロット·アロハ方式 = 188
   (1) ピュア·アロハ方式 = 188
   (2) スロット·アロハ方式 = 191
  5.2.2 CSMA方式 = 193
  5.2.3 CSMA/CA方式 = 201
  5.2.4 隱れ端末問題を考慮したアクセス制御方式 = 204
   (1) BTMA方式 = 206
   (2) ISMA方式 = 207
  5.2.5 實際の無線チャネルにおける性能 = 209
   (1) 低速フェ-ジングによる誤りの影響 = 209
   (2) 補足效果とアロハ方式 = 214
 5.3 ノンコンテンション方式 = 216
  5.3.1 ポ-リング方式 = 216
  5.3.2 予約方式 = 219
   (1) SRMA方式 = 219
   (2) TDMA方式と予約方式 = 224
  5.3.3 スペクトル擴散通信とアクセス制御方式 = 229
 5.4 誤り制御 = 231
  5.4.1 順方向誤り訂正方式 = 231
   (1) 多數回送信方式 = 232
   (2) 誤り訂正符號 = 232
  5.4.2 自動再送方式 = 237
   (1) Stop-and-Wait方式 = 238
   (2) Go-Back-N方式 = 238
   (3) Selective-Repeat方式 = 240
  本章のまとめ = 241
第6章 上位層のプロトコルとステ-ション移動 = 245
 6.1 中位層·上位層のプロトコル - TCP/IPを中心として = 245
  6.1.l TCP/IPの槪略 = 247
   (1) ネットワ-ク·インタフェ-ス層 = 249
   (2) インタ-ネット層 = 249
   (3) トランスポ-ト層 = 250
   (4) アプリケ-ション層 = 250
  6.1.2 インタ-ネット·プロトコル(IP) = 251
  6.1.3 インタ-ネット制御メッセ-ジ·プロトコル(ICMP) = 254
  6.1.4 アドレス解決プロトコル(ARP)と逆アドレス解決プロトコル(RARP) = 256
   (1) ARPと代理(Proxy)ARP = 256
   (2) 逆アドレス解決プロトコル(RARP) = 259
  6.1.5 トランスミッション·コントロ-ル·プロトコル(TCP) = 260
   (1) エンドポイントとコネクション = 261
   (2) ストリ-ムとセグメント = 262
   (3) スライディング·ウインドウ(sliding window) = 264
 6.2 ル-ティング = 266
 6.3 ステ-ション移動とそれを考慮したプロトコル = 273
  6.3.1 VIP = 276
   (1) 假想ネットワ-ク = 276
   (2) 擴散キャッシュ法(propagating cache method) = 278
   (3) ホスト移動とパケットの配送 = 279
 本章のまとめ = 282
第7章 無線LANの現狀と將來 = 285
 7.1 標準化動向 = 285
  7.1.1 IEEE 802.11 = 286
  7.1.2 日本における標準化 = 288
 7.2 製品化動向と製品例 = 290
  7.2.1 製品例1 モトロ-ラ社ALTAIR = 291
  7.2.2 製品例2 AT&T Global Information Solutions社WaveLAN = 296
 7.3 無線LANのアプリケ-ション = 298
  (1) オフィス = 298
  (2) 店鋪 = 299
  (3) 工場·プラント = 301
  (4) 倉庫 = 302
  (5) その他 = 303
 7.4 無線LANの課題 = 304
  (1) 標準化とマルチベンダ化 = 304
  (2) 高速化 = 304
  (3) 低價格化 = 305
  (4) 小型化/低消費電力化 = 305
  (5) セキュリティ·信賴性 = 305
 本章のまとめ = 306
索引 = 309


New Arrivals Books in Related Fields

김종원 (2020)